昔のパッチワーク通信



昔の「パッチワーク通信 No.6」



だいぶ前に古い本は

ほぼ 処分してしまいましたが

その時にこの表紙だけは

切り取っておきました。

特別な思いがあって…

IMG_3169.JPG


昭和60年の本です。



私がパッチワークを始めたのが 昭和58年頃

刺しゅう講師の資格を取ったあと…


当時は刺しゅうのカリキュラムの中に

ログキャビンやヘキサゴンの

パッチワークが含まれていて

そこから興味を持って 

自分でいろいろ作り始めました。


小花の柄の布をつないで作るのが

あたりまえのようだった当時


この本の表紙のキルトを見て 

衝撃でした~! 


「無地だけでもいいんだ…」

「かわいくて素敵な色づかい♡」


その時からムラ染めや手染めのシーチングを

買い集めて 無地ばかりの小物を作ったり♪



鎌倉に 手染めの布の服を売るお店があって

袋に入った裁ちくずを 

よく買いに行きました。


表紙しか取っておかなかったので

このキルトの作家さんが

わからなかったのですが


たぶん郷家先生…? と 

長年「?」のままでした。


今回やっと確認することができて

やはり郷家先生のキルトでした


衝撃の出会いから 35年。

今、郷家先生の布が大好きなことは

偶然ではなかったのですね

不思議なご縁を感じます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


母からもらったおみやげです

IMG_4282.JPG

江戸東京博物館…

バス旅行であちこち行くので

私より東京に詳しいです(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


パッチワークとお花のブログランキングです

応援よろしくお願いします

     ↓ 

にほんブログ村



にほんブログ村



にほんブログ村





posted by miyuki  at 00:00 Comment(1)